ドコモの新プラン「ahamo」がやばすぎてUQモバイルから乗り換えを決心した話

4 min 316 views
UQからahamoへのりかえを決意した話

久々に料金プランの発表で興奮しました。スガワラです。

ドコモがとんでもないプランを打ち出してきました。

その名も「ahamo(アハモ)」

サービス名のセンスはさておき、料金プランとしては非常に素晴らしいものを出してきました。

大手がこんなのを出してきたら、価格破壊すぎて他の格安SIMに流れなくなるんじゃないかって心配もしています。

僕自身もUQモバイルを半年前に契約したばかりですが、ahamoがリリースされたら絶対にのりかえることを決心しました。

UQモバイルを使用している方だけでなく、ワイモバイルや他のMVNOを利用しているみなさんの参考になれば幸いです。

スポンサー広告

ドコモの新プラン「ahamo」が安すぎて興奮した

改めてになりますが、料金プランで興奮してしまいました。

理由が以下の通り。いやもう、ahamoがターゲットにしている世代ドンピシャすぎてつらいです。

ahamoやばい
  • 20GB使えて月額2,980円
  • 5分通話無料オプション込みの値段
  • ドコモ光や家族割なしでの料金
  • 事務手数料、解約金、MNP転出手数料が無料

20GB使えて月額2,980円

本当に衝撃な値段設定でした。

ahamoの月額料金は2,980円だけ。それ以外に付帯するオプションも必要なく、かけ放題(1,000円)が任意でつけるかどうか。

いまメインで使用しているUQモバイルが月額2,980円と同じ価格設定なんですが、こちらは月2,980円です。

UQモバイルの使用感としては全く不満もなく、むしろ最高でしかないのですが、ahamoがあまりにも最高すぎました。

月額が変わらないのに、2倍の20GB使えて、さらにドコモの電波を使用できるとなったらのりかえ以外の選択肢がなくなりました。

5分通話無料オプションが月額に含まれている

これまた最高なポイントとして、5分間の通話無料オプションが月額に含まれていることです。

通常のドコモ回線の場合、1回の通話が5分以内であれば無料になる「5分間通話無料オプション」は月額700円のオプションという扱いです。

これが月額2,980円の中に含まれているため、5分で電話番号での通話が終われば通話料金がかかりません。

ワイモバイルでも月額料金の中に10分間の通話無料が含まれていますが、ドコモとしては5分以内で十分と判断したんでしょうね。いまの若者はLINE通話が多くて電話での連絡しないでしょうし。

ドコモ光や家族割なしでの料金

ドコモの通常料金の場合、ドコモ光セット割りや、「みんなドコモ割」という家族割を受けないと最安で使うことができません。

今回のahamoではセット割りが一切なく、単身だろうが家族だろうが同じ料金で利用することができます。

独身の僕にとって、控えめ言って最高でしかない。

事務手数料、解約金、MNP手数料が無料

通常、携帯回線を新規で契約する場合には新規登録の事務手数料が発生するのですが、ahamoは事務手数料が無料です。

オンラインでのみ受付していることが影響していると思われます。

eKYCという、オンラインで完結する本人確認システムを導入しているめ、人的コストが大幅に削減されているのかな。

なんにしても、契約するときや、どこか別のところにMNPするときに手数料が一切かからないのが最高なポイント。

UQモバイルからののりかえを決心した

あまりにもコスパがとんでもないので、いま使用してるUQモバイルからは絶対にのりかえる決心をしました。

UQモバイルから乗り換え理由
  • いまと同じ月額なのに使えるギガが10GB増える
  • ドコモの爆速な電波が利用できる
  • 5分間通話無料オプションが地味に嬉しい

いまと同じ月額なのに通信量が10ギガ増える

先述のとおり、いまメインで契約しているUQモバイルのプランRは10GBで2,980円。

ahamoの場合は2,980円で20ギガ使えます。

僕はahamoが狙い定めている世代ドンピシャで、10ギガだとなんとなく物足りないけど、20ギガあれば十分って使い方をしています。

見事に射抜かれました。

ドコモの爆速な電波が利用できる

いろんな回線を使ったからわかるんですが、やっぱりドコモの回線速度と電波の広さは魅力的すぎます。

実家がSoftbankでまとめているため、ドコモを使用する機会がなく、いつも羨ましい目で見ていました。

メインブランド的な立ち位置のため、ahamoでは回線の強度や速度に期待しています。

5分間通話無料オプションが地味に嬉しい

普段の連絡はLINE通話やzoomなどで取り合うので、通話料金はほとんどかかりませんが、たまに何かしらの連絡が発生したときにかかる通話料金が地味に痛くて。

その細かい通話料も、5分以内の通話であればチャラになるため、数百円の損失がカットできるのは最高すぎます。

スポンサー広告

ahamoで楽しみなこと

ahamoで楽しみなこと
  • ドコモの爆速電波が使えるのが超楽しみ
  • ahamoで販売する端末のラインナップがどうなるのか
  • 実際にどのくらいの人数がのりかえるのか

ドコモの爆速電波が使えるのが超楽しみ

UQモバイルも十分すぎるくらいに爆速なんですが、それでもやはり大手のメイン回線に近い立ち位置の電波は非常に楽しみです。

これは確実にレビューする…!!

ahamoで販売する端末のラインナップがどうなるのか

ahamoは、今のところSIMフリー端末で使用する前提でしか案内がありませんが、ahamoのブランド自体から端末の販売は始めるようです。

ドコモで取扱っている既存の端末のみ販売するのか、はたまた未だに扱わないXiaomiやOPPOなどの海外の格安スマホを取り扱うのか。

若者に寄り添うターゲット選定であれば、格安スマホも取扱ってきそうだなあっていうのが個人的な見解です。

どんな端末を扱うかも楽しみでしかない。

実際にどのくらいの人数がのりかえるのか

そうは言いつつも、MNPとか、スマホののりかえとか、若者でも知らない層が数多くいます。

正式リリースされてからの伸び方がどれくらい爆発するのかが見ものです。

ahamoで少し不安なこと

とはいえ、あくまで新ブランドですし、リリース時点で予想されるトラブルがいくつかあります。

ahamoで少し不安なこと
  • 電波が混み合わないかどうか
  • サービス開始が延期にならないかどうか

電波が混み合わないかどうか

個人的に心配なのが、通信のプロバイダが従来の「spモード」ではなく、別のプロバイダになる予定ということ。

ドコモ回線を爆速で使えているのは、spモードというプロバイダで管理しているおかげでして、これが変わったときに速度がどうなるかという点です。

格安SIMと同様に、混雑時は極端に低速にならないことを願うばかりです。

サービス開始が延期にならないかどうか

サービスの提供開始は、予定だと2021年3月となっていますが、コロナやサービス開発などの影響で延期にならないかが心配です。

最大手なので心配ないかとは思いますが、新しい割引やプランを連発しているので少し不安になります。

リリースされたらすぐにUQモバイルから乗り換えます

なんにせよ、私個人としては非常に得でしかないサービスなので、リリースされたらすぐにMNPします。

のりかえの際には、ブログやYouTubeでレビューしようと思っています。

このブログを読んで、のりかえの相談などがありましたら、Twitterやinstagramなどへお気軽にお問い合わせください!

スポンサー広告
スガワラ

スガワラ

25歳会社員
旅と野球と写真について書いていたはずが、WiFiとガジェット中心のブログになってしまいました
YouTubeにて、もっと詳しく解説しています!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です