野球

初観戦はこれで大丈夫!プロ野球観戦を楽しむコツ

近年、プロ野球が盛り上がっています。各球団は楽しんでもらえるような工夫を凝らしていて、初めて観戦した方も楽しめる工夫が満載です!とはいっても、「これまで野球を観たことなくてルールもよくわからないし、どんなことがあるか知らない」「何を準備したらいいの?」という方もいるでしょう。

今回は、maria(@mraismn )が球場の楽しみ方や持ち物、知っておいた方がいいことをまとめました。

プロ野球っていったい何が楽しいの?

さて、突然ですが……。今、この記事を読んでいる方で、音楽フェスやライブが好きな方はいませんか?

初めてライブに行った時に初めてライブに行った時に感じた興奮が忘れられない!なんて方もきっといるはずです。目の前にずっと聞いていた歌手の方がいて、お客さんとの一体感や盛り上がりなど、ライブ会場の雰囲気や空気感に驚いたことがある方も多いことでしょう。

いつしか熱気と盛り上がりに圧倒されて、ライブ空間にどんどん引き込まれていく……そんな体験をした方は、想像しやすいかもしれません。

プロ野球でもそんな体験ができるのです。しかも、1シーズン140試合もあるので何度でも楽しむこともできます。仕事終わりに、休日に、簡単に「非日常」な時間を味わえます。

いくつか楽しめるポイントや準備することについて、まとめていますので読んでみてください。

  1. 野球を見る以外にも楽しみ方はあるの?
  2. 野球のルールを知らなくても楽しめる?

野球を見る以外にも楽しみ方はあるの?

球場は、野球の他にも楽しみがたくさんあります。

1試合約3時間。ぱっと聞くと長いな……と思うかもしれませんが、あっという間です。余すところなく楽しむためのポイントを以下に2つ記載しました。お酒が好き、かわいいものが好き、おしゃれが好き……もちろん、全部やってみたい!という方も、組み合わせは無限大です。

ビール・球場メシ

お酒が好きな方には球場はぴったりです!ドームではなく、屋根がないスタジアムの場合は「ビアガーデン」の気分を味わうことができます。

暑い夏の夜、夜風に吹かれながらビールを片手に観戦するといつもよりお酒がすすんでしまうかも……?ライブ会場の雰囲気に合わせて、ビアガーデンの気分まで楽しめてしまうのです。

球場によってビールのラインナップは違います。普段居酒屋で見かけるビールもあれば、オリオンビールを楽しめる球場もあります。

横浜DeNAベイスターズや東北楽天イーグルスなどでは、醸造ビールも販売しています。飲み比べをしてみるのもいいかもしれません。

また、ビールだけではなく、アルコールのラインナップはどの球場も力を入れています。

東京ヤクルトスワローズでは選手の名前が入ったサワーを販売していますし、ハイボールや生レモンサワーなど様々なドリンクがあります。売店で探すのも、売り子さんと話をしながら買うのも楽しみ方の1つです。

お酒だけではなく、食事も楽しい時間を過ごすには大切ですよね。せっかく観戦に行くなら、球場内のメニューから選ぶのはどうでしょうか?思っているよりも種類が豊富で驚くかもしれません。

最近では、各選手がプロデュースしたお弁当やメニューも増えています。

試合中に活躍した選手や気になった選手がいたら、その選手の思いが詰まったメニューを観るのも楽しいと思います。

もちろんお酒に合う焼き鳥や唐揚げ、ポテトフライなど安定の美味しさのおつまみも揃っています。 しっかりご飯を食べるもよし、色んなおつまみを楽しむもよし、食事で楽しさをプラスしましょう!

球場メシ、ビールで楽しい・美味しい時間を!

ユニフォーム・グッズ

球場へは、スポーティな服装で行くことをおすすめします。

パーカーやデニム、スニーカーなど動きやすさ重視。球場内は広く、階段も多いです。席に向かうまでにも歩きますし、食事を買いに行くとき、お手洗いに行くときなど席を立つこともあるのでヒールだと疲れてしまうこともあります。

また、スタジアムだと夜は冷えることもあるので、調整できる上着や、急な雨に備えて雨具を持っていくと安心です。(傘だと周りの方が試合を見づらくなるので、カッパがおすすめ!)
カバンを座席下の通路に置くので汚れるのが心配な場合は、ゴミ袋を持っていくと万全です。

球場で覗いてみてほしいのが、グッズショップ!
最近はグッズのバリエーションもどんどん増えていて、ユニフォームだけではなく、文房具から日用品まで幅広く展開されています。

ユニフォームは、「いきなりユニフォームを来て応援するのは、ハードルが高いな」と感じる方もいらっしゃると思います。そんな方には普段の生活でも使いやすいタオルやキャップがおすすめです。チームカラーなどを事前にチェックしておいて、球団のファッション小物と合わせてみるのはいかがでしょうか?試合が始まったら各球団の応援を観て「私もやりたい!」と思うかもしれません。

球場内でもグッズ販売を行っているところが多いので、試合の間にグッズを買いに行くのもありです!

「女性向け」でいうと、最近は「ガールズデー/レディースデー」を開催している球団がほとんどです。ガールズデーとは、女性に向けたイベントです。その日は特別なデザインのユニフォームを作成し、女性のお客さんに配布しています。

女性限定のユニフォームデザインのグッズが販売されることもあります。球場内で特別なイベントやプレゼントをもらえることもありますので、一度足を運んでみてほしい1日となっています。

他にも、球場によっては花火が上がったり、観客参加型のゲームが開催されたりと試合の間も盛りだくさんです。主催球団のHPには、当日のイベント情報が掲載されていることが多いのでぜひチェックしてみてくださいね!

球団のグッズで楽しむ方法もアリ!

野球のルールを知らなくても楽しめる?

初めて野球を見に行くうえで、野球のルールをよく知らないと観に行っても楽しめるか不安になるかもしれません。野球のルールって難しく感じますよね。

「今、打ったのに何でアウトなの…?」「何で今のプレーで攻守交代なの…?」などなど……。細かいルールを言い出したらキリがないですが、「どうやったらアウトになるの?」は知っておいたらいいかなと思います。

アウトになるパターン
  • バッターが3回ストライクになったら三振でアウト(ただし、2ストライクの後のファールは除く)
  • フライアウト(ボールが着地する前にキャッチするとアウト)
  • ゴロアウト (転がったりバウンドしたりしたボールでのアウト)

基本はこの3パターンがアウトとしてカウントされます。ですが、ランナーの状況では一気に2つアウトが取れることもあるので、観ながら覚えていくのが楽しくて早いかも…!!

1イニングで3つアウトが積み重なったら攻守交代。これを9イニング、対戦している2チームが順番に行います。

逆に攻撃では、1塁から順番に塁を回ってホームベースを踏んだら点数が入ります。ランナーがいる場合にはヒット1本で2点、3点入ることもあるので試合が逆転することもよくあります。バッターとピッチャーの駆け引きをし、たった1球で試合が変わるのは、野球の面白さであり醍醐味です!

いくつかルールを記載しましたが、覚えていなくても大丈夫です。まずは雰囲気を味わってみてください。チャンスの時や、点が入った時にはランナーも一生懸命走りますし、一気に球場内が盛り上がるので、一緒に盛り上がりましょう。

試合の雰囲気が最高潮になるのは、何と言ってもホームラン!!!

打球がそのままスタンドに入り、打った選手がベースを1周する。拍手と歓声に包まれた時間は格別です。1本のホームランに魅了されて、球場に通う様になった、なんて方もいらっしゃるぐらいです。

細かいルールがわからなくても楽しめる!

野球場へ行こうよ!

初めての方におすすめしたいポイントを紹介しました。実際に球場に行ってみると、野球以外にも観るべきポイントや楽しめるポイントはたくさんあります。もしかしたら一度だけでは楽しみきれないかも……!?球場ごとにも特色が違うので、ぜひ自分だけの楽しみ方を見つけてみてください!

ABOUT ME
maria
maria
野球観戦と言葉が大好きな社会人。 横浜DeNAベイスターズにハマって20数年。 野球の楽しみ方を増やしていきたい。
プロ野球をスマホで見るならDAZN

広島、中日を除く10球団の試合を視聴可能!

リアルタイムでの中継ではなく、試合後30日であれば後からでも試合を視聴することが可能です。

今なら1ヶ月無料で視聴可能!ぜひお試しあれ!

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です