【ゴジキが考察】2020年シーズン開幕戦で球団6000勝!〜巨人菅野智之の復活劇〜

2 min 24 views

待ちにも待ったプロ野球が本日開幕しました!

そこで今回は、ゴジキ(@godziki_55)が2020年のシーズン開幕戦の総括を寄稿としてまとめました!

スポンサー広告

西勇輝の前に手も足も出なかった序盤

 

阪神先発の西勇輝は今シーズン非常に高いパフォーマンスを残しそうな投球を見せた。特に今日の球審は外を広めにとることも想定した投球術、制球力はピカイチであり、巨人打線は実戦形式から調子がよかった中島裕之のタイムリー内野安打があったものの、打ちあぐねていた。

今シーズンは、巨人から見たらかなり脅威になるに違いない。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

今年は飛ぶボール?

 

緊急事態宣言解除後の実戦から気になっていたのは、「ボールの飛びやすさ」だ。今日の試合で2本の本塁打が出たが、飛び方が従来のような形ではなく、2004年や2010年のシーズンを彷彿させるような飛び方であった。

また、こう言った飛ぶボールを使用したシーズンは、中距離打者が二桁本塁打に届きやすく、打点も100打点近い数字を残す傾向にある。

具体的には、2010年は下記の選手が10本台の本塁打ながら100打点を記録した。

[box02 title=”2010年中距離打者100打点打者”]
鳥谷敬  打率.301  19本  100打点

小谷野栄一 打率.311  16本  109打点

井口資仁  打率.294  17本  103打点

[/box02]

上記以外の考えられることは、長距離打者も擦っただけでも本塁打になることもあるのではないだろうか。

スポンサー広告

菅野智之の好投と吉川尚輝の本塁打で勝利!

 

今日はなんと言っても吉川尚輝の岩崎優から放った逆転ホームランが打撃陣では大きかっただろう。

また、エース菅野智之も復活の兆しが見える投球をした。今シーズンはエースとして復活ができそうだ。

しかし、ストレートの配分が多かったため、スラッターやフォークをもう少し増やしていくことによってさらなる上のランクの投球が見込める。

キャプテンでありながらチームの軸である坂本勇人も復帰し、今シーズンの巨人はリーグ2連覇に向けて幸先の良いスタートを切れたのではないだろうか。

もし試合を見逃した場合にはDAZNで見逃し配信をしているので視聴することをおすすめする。1ヶ月無料で利用可能だ。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

https://www.tabiyasha.jp/godziki-giants-2020/

https://www.tabiyasha.jp/godziki-okamoto-2020/

https://www.tabiyasha.jp/godlike-maru-2020/

https://www.tabiyasha.jp/godziki-sakamoto-kaimaku-2020/

 

スポンサー広告
ゴジキ

ゴジキ

Twitterのフォロワー数は13000人!そのTwitterで、プロ野球選手からもフォローされている大の巨人ファン。自らの知見を活かして、出版社のメディアでは数多くの記事を寄稿しており、本ブログでも寄稿していく。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です