プロ野球

【ゴジキが考察】2020年シーズン開幕直前時点での巨人の展望

待ちにも待ったプロ野球が6月19日に開幕します!

そこで今回は、大の巨人ファンでもあるゴジキ氏(@godziki_55)が2020年のシーズン前に巨人の展望を寄稿としてまとめました!

※今回から外部ライターとしてゴジキ氏に寄稿いただくことになりました。野球ファンの皆様、アフィカスに成り下がったかと罵倒なさらないようにお願いいたします…!!

野手陣の課題と解決策は? 

2019年セリーグ制覇をした巨人だが、オフに精神的支柱で5番打者や代打の切り札として活躍していた阿部慎之助の引退や後半戦から活躍していた長打力があるゲレーロの退団による戦力ダウンは否めない。 

その中で、坂本勇人、丸佳浩、岡本和真の核となる3選手を中心にでカバーさせていく必要がある。

その為には、アレックス・ゲレーロの退団で火力不足が否めないことや相手にプレッシャーを与えるためにも6番7番に置ける「右の長距離砲の外国人選手」を獲得して欲しいところだ。

現状は、このご時世を考えると外国人の獲得が難しいことから、実戦で好調である陽岱鋼や中島裕之を起用していくことも必要だろう。

また、二塁手は昨シーズン序盤は吉川尚輝が素晴らしいスタートを切ったが離脱後はほとんど出場できず、田中俊太、山本泰寛、若林晃弘と言った選手をローテーションして回した運用をしていたが、今年はリスクを考えた上で吉川尚輝をメインではなく、+aと考えた運用方法で戦っていくのがベターではないだろうか。 

特に、田中俊太を上手く試合勘を保ち続けた上で、増田大輝や湯浅大、北村拓己と言ったあたりを上手く併用としても効果がかなりのものが見込める。 

捕手は、昨年同様に守備面で頭ひとつ抜けている小林誠司を中心に炭谷銀次郎や打力のある大城卓三の3人で回していくのがベターな選択肢である。 

その他の点では、岡本和真の三塁手固定化の案も出ている中、野手陣の状況を見つつどのように運用していくかが、今年の鍵であり、チームの顔である坂本勇人のコンディションに対するマネジメントも上手く行なっていきつつ、シーズンを戦っていくことも優勝への必須条件だろう。 

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し


投手陣の課題はやはり昨年キャリアハイで投手三冠に輝いた山口俊のメジャー移籍によって抜けた穴をどう埋めていくかだろう。 

その解決策として菅野智之の復活は必須条件であるが、昨年はシーズン序盤から例年ほどのキレやボールの強度、スピードがなく苦しんだが、今年の菅野の復活なくして巨人の優勝は厳しいものになってしまうのは自明である。 

また、他の先発投手では、5回まで計算できるCCメルセデスのさらなる飛躍や先発転向案もあるデラロサ、先発復帰して好調な田口麗斗、新外国人のエンジェル・サンチェス、昨シーズン終盤から台頭を見せた戸郷翔征と言ったところがローテーションの軸として期待されている。

中継ぎ陣は、昨年復活してプレミア12でも活躍した大竹寛や昨年台頭した中川皓太、実績充分の澤村拓一、実践形式では好調だった鍵谷陽平、左の中継ぎとして今年も期待される戸根千明や高木京介と言ったところを軸に回していきたいところだ。 

懸念材料としては、計算できていたクローザーと左のリリーバー不足だ。 

昨年クローザーだったデラロサは調整不足であり、大竹と戸根が出遅れていることやオールラウンダーの田口の先発復帰などで中川と高木にかかる負担は昨年以上になる可能性もある。 

昨シーズンの開幕前にチームとしての大きな課題点として挙げられていた救援陣のコマ不足を上手く運用し、リーグ優勝に導いた原監督の手腕が今シーズンも問われるのは間違いない。 

近年の参考例から見た前年のエースの移籍をカバーするためのヒント 

山口俊という勝ち頭が抜けた巨人だが、ここ数年では広島や西武がエースが移籍した後優勝していることも踏まえるとやはり「野手のコア」にあたる選手が活躍度合いも巨人が優勝できるかどうかに関わっていくだろう。  

例えば、2015年シーズンオフにエース前田健太が移籍した広島だが、2016年は鈴木誠也の台頭などによってリーグ優勝した。 

2015年広島打線と投手陣

2015年の広島打線

8丸佳浩  打率.249  19本  63打点 OPS.777
4菊池涼介 打率.254  8本  32打点 OPS.640
9シアーホルツ 打率.248  10本  30打点 OPS.734
3新井貴浩 打率.275  7本  57打点 OPS.733
7エルドレッド 打率.227  19本  54打点 OPS.781
5梵英心 打率.237  6本  27打点 OPS.683
6田中広輔 打率.274  8本  45打点 OPS.737
2會澤翼 打率.246  6本  30打点 OPS.699

2015年の主な先発陣

前田健太  15勝8敗 206回1/3 防御率2.09
ジョンソン  14勝7敗 194回1/3 防御率1.95
黒田博樹  11勝8敗 169回2/3 防御率2.55
福井優也  9勝6敗 131回1/3 防御率3.56 

2015年広島の主な救援陣

中崎翔太 69試合 0勝6敗 11HP 11S 防御率2.34
大瀬良大地 51試合 3勝8敗 22HP 2S 防御率3.13
ヒース 43試合 3勝6敗 13HP 防御率2.36
一岡竜司 38試合 2勝4敗 1S 9HP 防御率4.14 

2016年広島打線と投手陣 

2016年の広島打線

6田中広輔 打率.265  13本  39打点 OPS.739
4菊池涼介 打率.315  13本  56打点 OPS.790
8丸佳浩 打率.291  20本  90打点 OPS.870
3新井貴浩 打率.300  19本  103打点 OPS.857
9鈴木誠也 打率.335  29本  95打点 OPS1.015
7エルドレッド 打率.294  21本  53打点 OPS.900
5安部友裕 打率.292  6本  33打点 OPS.756
2石原慶幸 打率.289  0本  17打点 OPS.526 

2016年広島の主な先発陣

ジョンソン  15勝7敗 180回1/3 防御率2.15
野村祐輔  16勝3敗 152回2/3 防御率2.71
黒田博樹  10勝8敗 151回2/3 防御率3.09 

2016年広島の主な救援陣

中崎翔太 61試合 3勝4敗 34S 10HP 防御率1.32
今村猛 67試合 3勝4敗 2S 25HP 防御率2.44
ジャクソン 67試合 5勝4敗 42HP 防御率1.71
ヘーゲンズ 50試合 7勝5敗 24HP 防御率2.92 

2015年は前田健太、ジョンソン、黒田博樹と言った軸となる投手を擁して日本一に輝いたソフトバンクに勝ち越すが、救援陣の力不足や打線のバランスが悪くBクラスに終わった。 

2016年は1番から6番まで二桁本塁打を記録するなど、7番までOPSが.700を超える打撃力や確立された救援陣が向上した。 

上位打線を長年担っていた菊丸こと菊池と丸は安定した成績を残し、MVPに輝いた新井や長打力のあるエルドレッドの活躍や鈴木誠也の台頭や下位打線も安部が3割近い打率を残し、エース前田健太の穴を埋めてBクラスからリーグ優勝を果たした。

次に、2018年のシーズンオフに菊池雄星が移籍した西武も2019年は森友哉が捕手として史上最年少で首位打者とMVPを獲得する活躍などで優勝した。 

 

2018年西武打線と投手陣 

2018年の西武打線

8秋山翔吾 打率.323 24本 86打点 OPS.937
6源田壮亮 打率.278 4本 57打点 OPS.707
4浅村栄斗 打線.310 32本 127打点 OPS.910
3山川穂高 打率.281 47本 124打点 OPS.985
5中村剛也 打率.265 28本 74打点 OPS.876
2森友哉 打率.275 16本 85打点 OPS.823
9外崎修汰 打率.286 18本 67打点 OPS.830
D栗山巧 打率.256 8本 52打点 OPS.766
7金子侑司 打率.223 1本 34打点 OPS.577 

2018年の主な先発陣

菊池雄星 14勝4敗 163回2/3 防御率3.08
多和田真三郎 16勝5敗 172回2/3 防御率3.81
榎田大樹 11勝4敗 132回2/3 防御率3.32
十亀剣 5勝8敗 124回1/3 防御率4.42

2018年の主な救援陣

増田達至 41試合 2勝4敗 14S 2H 防御率5.17
平井克典 64試合 3勝1敗 21H 防御率3.40
野田昇吾 58試合 1勝1敗 1S 1H 防御率3.51
ヒース 42試合 4勝1敗 13S 9H 防御率2.50
ワグナー 36試合 2勝1敗 1S 9H 防御率4.22
武隈祥太 35試合 1勝2敗 9H 防御率6.37

2019年西武打線と投手陣 

2019年の西武打線

8秋山翔吾 打率.306 20本 56打点 OPS.864
6源田壮亮 打率.282 2本 40打点 OPS.674
2森友哉 打率.336 22本 100打点 OPS.959
5中村剛也 打率.297 29本 120打点 OPS.887
D栗山巧 打率.245 7本 51打点 OPS.687
4外崎修汰 打率.267 24本 88打点 OPS.846
3山川穂高 .254 42本 113打点 OPS.912
9木村文紀 打率.223 10本 36打点 OPS.613
7金子侑司 打率.250 3本 32打点 OPS.616 

2019年の主な先発陣

ニール 12勝1敗 100回1/3 防御率2.87
高橋光成 10勝6敗 123回2/3 防御率4.51
今井達也 7勝6敗 135回1/3 防御率4.32
十亀剣 5勝6敗 102回 防御率4.50

2019年の主な救援陣

増田達至 65試合 4勝1敗 30S 7H 防御率1.81
平井克典 81試合 5勝4敗 36H 防御率3.50
佐野康夫 44試合 2勝2敗 2H 防御率4.39
マーティン 41試合 2勝5敗 1S 10H 防御率3.67
小川龍也 55試合 4勝1敗 1S 15H 防御率2.58
平良海馬 26試合 2勝1敗 1S 6H 防御率3.38

2018年、2019年ともに打力があるチームだったが、2019時は森、外崎、中村が成績が向上し、エース菊池雄星が移籍し、先発投手陣は規定投球回数到達者が0人であるこもや中軸として3割30本100打点という成績を残した浅村が移籍した穴を12球団トップクラスの「圧倒的な野手力」や救援陣の質量の向上でカバーして2連覇を果たした。交流戦明けからは粗削りで好不調の波が激しいが長打力がある山川を7番に置くことで、下位打線に厚みが出て相手球団からしたら嫌な打線だっただろう。 

上記の2球団はいずれも先発の力が前年よりも落ちた中で、打線のコアの選手がカバーできるぐらいの良い成績を残しつつ+aの選手がキャリアハイの成績を残す活躍もあり、ペナントで連覇を果たした。

このことを踏まえると、長いシーズンを戦っていく上では「野手力」の重要さが際立っていることがわかる。 

今年の巨人が山口の穴を埋めて優勝するには菅野をはじめとした投手陣の活躍はもちろんだが、野手陣のコアでもある坂本、丸、岡本の活躍は必要不可欠であり、+aとして昨年活躍を見せた亀井善行や実戦で好調の中島、陽、新外国人のパーラが起爆剤となり、カバーできることが重要だろう。 

巨人ファンとしては、監督である原氏特有の相手をかき回す”原イズム”と言ってもいい采配力や現有戦力を最大限に活かす運用力、坂本、丸、岡本を中心としたリーグトップクラスのコアを揃えた野手力で2連覇してほしいシーズンである。

 

【ゴジキが考察】巨人の若きスラッガー岡本和真の2020年シーズンの期待値は?プロ野球が!!!ついに!!!開幕します!!! 開幕にあたって、野球ツイッタラー界隈だとかなりの有名人であるゴジキ氏(@godzik...
【ゴジキが考察】巨人を5年ぶりのリーグ優勝に導いた移籍2年目の丸佳浩に求めるものは?待ちにも待ったプロ野球が本日開幕します! そこで今回は、ゴジキ(@godziki_55)が2020年のシーズン前に丸佳浩選手に...

 

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

ABOUT ME
アバター
ゴジキ
Twitterのフォロワー数は13000人!そのTwitterで、プロ野球選手からもフォローされている大の巨人ファン。自らの知見を活かして、出版社のメディアでは数多くの記事を寄稿しており、本ブログでも寄稿していく。
おうち時間のお供にAmazonプライム!

おうち時間のお供として超絶有能なことで有名なAmazonプライム

  1. Amazonビデオで映画、ドラマ、アニメ、オリジナル番組が見放題
  2. Amazonでの買い物が最短翌日に届く&送料無料
  3. Amazonプライム会員限定のセールも!

今なら30日間無料で体験できます!

\自粛期間で使い倒す/

【30日間無料】Amazonプライムを体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です