Wi-Fi

【比較した】ポケットWiFi?光回線?ぶっちゃけどっちが良いのかを徹底的に解説!

ポケットWiFi? 光回線? 選び方を徹底解説!

ポケットWiFiとか、光回線とか、最近はいろんなのが乱立していて意味わかりませんよね。

僕も最初は意味わからずに、「ポケットWiFi最強やんけ!!!」と飛びついた結果、痛い目を見た記憶が脳裏に焼き付いています。

あれからめちゃくちゃ勉強しまして、かなりWiFiのことがわかるようになってきたので、WiFi選びに迷っている方の参考になればと思い、情報をまとめました!

新生活のWiFi選びに迷っている方の参考になれば幸いです!

ポケットWiFiと光回線ぶっちゃけどっちがいいのか比較

先に結論からお話します!

  • 光回線の工事ができる物件かつ、持ち運びする必要がない場合には光回線
  • 工事がそもそも出来ない物件だったり、持ち運びする必要がある場合にはポケットWiFi

ポケットWiFiはかなり便利なサービスではありますが、回線の速度や安定性を考えるとやっぱり光回線が一番です。

光回線が入るかどうかは、こちらのサイトで住所を入力してもらうことで判断できます。

フレッツ光の提供エリア確認サイト

ちなみに、この表記が出たら光回線を利用することができます。おめでとうございます!

これを踏まえたうえで読み進めていただければ幸いです!

そもそもポケットWiFiと光回線の性能を比較した

ポケットWiFiと光回線のち外というと、持ち運びできるかどうか、ってくらいの違いだけかと思うんですが、実はもっと明確な違いがあります。

もっと詳しく書くとたくさんあるのですが、ざっくりとした比較表は以下の通りです。

光回線ポケットWiFi
速度1Gbps〜10Gbps最大600Mbps程度
速度(実測)100〜300Mbps20〜30Mbps
通信の安定性抜群環境による
持ち運びできないできる
データ制限無制限制限あり

光回線のほうがスペック的にも数段上ですが、持ち運びできないという難点があります。光回線が導入できるかどうかは済んでいる物件によっても異なるため、見分け方については後述します。

それぞれの違いについて、もう少し踏み込んで比較していきます!

ポケットWiFiの特徴について

ポケットWiFiの特徴は大きく以下の3つ

  1. どこにでもWiFiを持ち運べる
  2. 無制限とは言いつつも通信制限がかかる事業者が多い
  3. 回線工事なしで利用できる

ポケットWiFi、モバイルルーター、モバイルWiFiとかで呼ばれていますが、当サイトではポケットWiFiで統一していきたいと思います。

ポケットWiFiの種類

ポケットWiFiの種類は大きく2つ。

  1. SoftBank回線を利用したサービス
  2. WiMAXの名前がついたサービス

もっと細かく分類するとたくさんありますが、ざっくりこの2つです。

それぞれ何が違うのか、以下の表にまとめました

SoftBank回線WiMAX
速度(実測)20〜30Mbps20〜30Mbps
通信の安定性SoftBankの電波が入る範囲壁に弱い
見分け方〇〇WiFiの表記〇〇WiMAXの表記
データ制限ほぼ無制限、もしく1日3GB3日で10GB
キャッシュバックほぼ出ないがっつり出る

料金はどちらも3,500円〜4,000円程度で、費用面で大きな違いはないので割愛しています。

大きく違う点が、通信制限の有無、利用できる電波環境の違い、キャッシュバックの金額です

SoftBank回線のポケットWiFiは、どんなときもWiFiやギガゴリWiFi、THE WiFiなど、CMをたくさん打っているサービスがそれに当たります。

SoftBankの電波が入れば利用できるため、山の中や過疎地でない限りは利用できる場合がほとんどです。WiMAXと違って直近のデータ利用で制限がかかる場合も少ないため、SoftBank回線のものを利用するのが良いでしょう。

ユーザーが増えすぎると通信速度が遅くなるのが難点ですが、SoftBank回線のポケットWiFiを選んでおけばほぼ間違いありません。

対してWiMAXの場合は、〇〇WiMAXと書いていればこれに当たります。auの携帯電波を利用していると思われがちですが、微妙に違うのが注意点。

WiMAXは、WiMAX2+といって、通常のLTEとは少し異なる電波を利用しています。通常のLTEよりも高い周波数を利用しており、壁などの障害物に弱い性質を持ち合わせています。そのため、地下や奥まった地域などでは電波が入りにくいのです。

データ利用にも制限があり、通常のWiMAXだと3日以内に合計で10GB以上のデータ通信を利用すると1日間の通信制限がかかります。

その代わり、高額のキャッシュバックが出るのが大きな特徴です

ポケットWiFiのメリット

  1. 回線工事なしでWiFiを利用できる
  2. WiFiを持ち歩ける
  3. 携帯電話のギガを節約できる

光回線を利用するとなると、近くの電柱から光ファイバーを引き込んで、自宅で接続試験を行う回線工事が必要になります。ポケットWiFiだとこれが必要ないため、申込みから1週間くらいでWiFiを利用することができます。

また、持ち歩きもできるため、携帯電話は少ないギガのプランを契約して、外ではポケットWiFiで主に通信を利用するという技もできるわけです。

ギガが少ないということは、通信料金の節約にもつながるため、諸々の負担を減らすことにも繋がります。

ポケットWiFiのデメリット

  1. 充電する端末が増えるストレス
  2. 通信制限がかかる場合がある
  3. キャッシュバックを忘れるとアウト

ポケットWiFiはスマホと同様に充電が必要なんですが、これがストレスになる場合が多いです。

持ち運べるとは言えど、充電がないとただの文鎮と化すため、充電には気を配らねければいけません。僕も以前にポケットWiFiを利用していたのですが、充電がなくて使えない悔しい思いを何回もした記憶があります。

また、WiMAXの3日で10GB制限が地味にきついです。僕は作業するときにyoutubeで音楽を垂れ流すことが多いのですが、これをやっていると3日で10GBは余裕で使います。

WiFiを利用しているのに通信量に気を使わねければいけないのも地味にストレスでした。

加えて、事業者にもよるのですがキャッシュバックの受け取り時期が統一されておらず、受け取り期間を過ぎたり、条件を満たすための手続きを忘れていたりすると受け取れないので注意が必要です。

まじでわかりにくい業者が多いですからね…

申し込んだらすぐにスマホのカレンダーにぶちこみましょう!

おすすめのポケットWiFi

Broad WiMAX
工事なし、届いたらそのまま使えます!
3日あたり10GBの通信制限はあるものの、ヘビーな使い方をしない限りは問題ありません。
既に他社のWiFiサービスを利用していて、そこから乗り換える場合には、他社WiFiサービスの解約金を最大19,000円まで負担してくれます。
乗り換える場合には解約金負担のサービスがあるところに移るのがコスパよいです!
また、端末代金分の初期費用18,857円は、webからの申込み限定で0円のキャンペーンを実施しています!
月額2,726円〜
契約期間3年
事務手数料3,000円
通信制限の上限3日で10GB
端末代金(初期費用)18,857円web申し込み限定で0円!

詳細ページ公式ページ

縛りなしWi-Fi
契約期間の縛りなし!数ヶ月の利用に便利な「縛りなしWi-Fi」!必要な時期だけ利用して、いつ解約しても解約金がかからないので非常に都合のよい使い方ができちゃいます。
縛りなしとはいいつつも、2年縛りをつけると2,800円という超格安のポケットWi-Fiとして契約できます。
レンタル端末を選べないのが注意点ですが、契約期間の面で非常に使い勝手が良いサービスです。
月額3,300円
契約期間なし
初期費用1,000円
通信制限の上限3日10GB、もしくは1日3GB
端末代金レンタル

詳細ページ公式ページ

エヌズカンパニーのポケットWiFi

据え置きではなく、常に持ち歩くWi-Fiを探している場合には現状だと最強のWi-Fiです。WiMAXのような3日10GBの通信制限もないため、無制限で使い放題!おすすめです!
初期費用が高めなのと、解約金がやや高めですが品質が最高です。なにせ法人回線を使用していますので…!
データ容量無制限のポケットWi-Fiというなかかな最強仕様なので、長期で利用を考えている方におすすめです!
月額3,600円
契約期間3年
初期費用4,900円
通信制限の上限なし
端末代金実質無料

詳細ページ公式ページ

 

光回線の特徴について

光回線の特徴は大きく3つ

  1. 無制限で高速通信の利用が可能
  2. 利用にあたって工事が入る
  3. 携帯電話とセット料金が入ることが多い

ドコモ光やSoftBank光、NURO光、auひかりなど、〇〇光と名称がついてるサービスがこれに当たります。

基本的には、自分が利用している会社の光回線を使うとセット割が5,000円〜1,000円ほど適用されてお得に利用することができます。

それぞれのサービス概要についてはあとでまとめます。

月額料金は戸建てプランだと5,000円前後、マンションプランだと4,000円前後のサービスがほとんどです。

ここに至るまでにポケットWiFiのことについてのボリューム多めでしたが、僕自身は光回線を推しています。上記3つが推すに当たってのポイントなので、参考にしていただければ幸いです。

無制限で高速通信が利用可能

ポケットWiFiは携帯回線を利用しているため、携帯電話並の速度しか出すことができません。光回線を利用したことがない方はいまいちピンとこないかもしれませんが、全然違います。

速度のざっくり比較表が以下の通りです

ポケットWiFi光回線
上り速度10〜30Mbps100〜300Mbps
下り速度20〜40Mbps200〜400Mbps

光回線だと、ポケットWiFiを使用したときのざっくり10倍くらいの速度を出すことができます。環境によっても異なりますが、今まで計測してきた体感としては上記の通りです。

しかもこれ、ポケットWiFiのように3日で10GB制限のようなものが存在せず、完全に無制限で利用することができます。快適そのものです。

工事が入る場合には絶対に光回線をメインで使用することをおすすめします!

利用にあたって工事が入る

光回線の場合、利用にあたって回線工事がほぼ確実に入ります。とはいえ、壁に穴を開けたり、騒々しい工事は入りません。

マンションの場合は、設備がすでに物件自体に入っていることが多いため、回線終端装置(ONU)という黒い箱を自宅の光コンセントに接続して、接続試験を行って終わりです。

戸建ての場合だと、近くの電線から光ファイバーケーブルを引き込む工事が発生します。このとき、電線との間に他人の私有地があったりすると工事ができない場合があります。

実際に工事業者が行ってから判明することがあるため、注意のしようがないのが難点です。

マンションでも戸建てでも、工事自体は1〜 2時間程度で終了するため、大した負担にはならないのが特徴です。また、各社それぞれで工事費の負担がないようにキャンペーンを実施しているため、工事に関して負担がかかることはほぼありません。

携帯電話とセット料金が入ることが多い

ドコモ光やSoftBank光、auひかりは、携帯会社の社名が入っているのでセット割が入るのは想像しやすいと思います。

実は、NURO光だとSoftBankのセット割引(おうち割光セット)、BIGLOBE光や@nifty光はauのセット割(auスマートバリュー)の適用が入るんです。

携帯会社とセット割を組むことで、通常よりもお得に光を利用することができるので、もし既に光回線を利用している方がいればいい機会かもしれません。

おすすめの光回線

ドコモを使っているならドコモ光
ドコモを利用している場合はドコモ光がおすすめです。利用しているプランにもよりますが、500円〜1,000円ほどの割引が入ります。
工事費は他社と違って完全無料のキャンペーンを実施しているため、ドコモで契約している方であればドコモ光が絶対におすすめです!
高速通信を行うために必要なWiFiルーターを無料レンタルしてくれるため、快適な通信環境が簡単に手に入ります!
月額戸建て5,200円〜、マンション4,000円〜
工事費無料
事務手数料3,000円
キャッシュバック15,000円

詳細ページ公式ページ

SoftBankを使っているならSoftBank光
SoftBankのスマホを契約している方はSoftBank光がおすすめ!
工事費が次第で24,000円発生する場合がありますが、キャッシュバックが30,000円出ることに加えて、引っ越しが伴う場合は24,000円のキャッシュバックが追加で出ます。
高速通信を行うためには、追加でWiFiルーターが必要ですが、これも代理店に申告すれば提供してくれるプランも用意されています!
月額戸建て5,200円、マンション3,800円
工事費9,000円もしくは24,000円(分割可能)
事務手数料3,000円
キャッシュバック30,000円

詳細ページ公式ページ

auを使っているならauひかり
auを使っているならauひかりがおすすめ!
工事費が高いのがネックという場合には、BIGLOBE光や@nifty光などでもauの携帯とセット割が入るので検討してみてください!
また、セット割を適用させる場合には光電話(500円)の契約をつける必要があるため、費用についても注意が必要です!
月額戸建て5,100円、マンション4,050円
工事費戸建て→37,500円、マンション→30,000円(分割可能)
事務手数料3,000円
キャッシュバック45,000円

詳細ページ公式ページ

 

比較した結論

  • 光回線の工事ができる物件かつ、持ち運びする必要がない場合には光回線
  • 工事がそもそも出来ない物件だったり、持ち運びする必要がある場合にはポケットWiFi

判断基準は上記の通りで良いです。

ぶっちゃけ、格安SIM+ポケットWiFiで運用するより、大手3キャリア+光回線で運用したほうが快適です。月額は前者と後者で2,000円〜4,000円ほどの固定費の開きはありますが、快適を残って効率が悪くなっては元も子もありません。

自分に最適なWiFi環境を考えて、見直しをかけていただければ幸いです!

質問事項があれば随時Twitterにお問い合わせください!

ABOUT ME
スガワラ
スガワラ
24歳会社員 写真を撮って、旅をして、ブログを書いて お得に旅をする方法、生活スタイルに合ったWi-Fiの紹介、たまに転職のことについて書き連ねていきます
おうち時間のお供にAmazonプライム!

おうち時間のお供として超絶有能なことで有名なAmazonプライム

  1. Amazonビデオで映画、ドラマ、アニメ、オリジナル番組が見放題
  2. Amazonでの買い物が最短翌日に届く&送料無料
  3. Amazonプライム会員限定のセールも!

今なら30日間無料で体験できます!

\自粛期間で使い倒す/

【30日間無料】Amazonプライムを体験してみる

次におすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です