ZEUS Wi-Fiって実際どうなの?速度や電池持ちなどの実機レビュー!

3 min 276 views

コロナの影響でテレワークが促進され、ポケットWiFiについての関心が高くなっている人も少なくないはず。

今回、ゼウスWiFiをレンタルできる機会をいただけたため、レビューしていきます。

実際にどのくらいの速度が出るのか、充電持ちや本体のデザインなど、参考になれば幸いです!

スポンサー広告

ZEUS WiFiの実機がなかなかかっこいい

ZEUS WiFiの実機レビューから

本体は独自の端末を利用しています。本体の型番を確認したとろ、「HW」の記載があったので、製造元はファーウェイ…?

WiMAXでも使用されているHUAWEI製のルーターとデザインがとても似ているので、おそらくそうなのかなと思います…

充電端子はUSBタイプCのみ。ポケットWiFiだと、本体上部に充電端子が設けられている場合が多いですが、これは横に設けられています。

これは地味に嬉しい気遣い。

カフェとかで充電しながら使用すると、上からの入力だと場所を無駄にとる場合があるんですよね。

本当に微妙な気遣いが嬉しい筐体デザイン。

この端末自体はクラウドSIMを採用しているため、内蔵されているSIMカードで通信を行っています。

内蔵されているもの以外にも、自前のSIMカードを挿入して使用できるスロットを備えています。ここに関しても、後ほどレビューしていきます。

速度を計測してみたレビュー

数日に分けて速度を計測してみました。

目安として、日中であれば下り10〜30Mbps、上り10〜20Mbps程度

通勤や退勤などの、いわゆるピーク時には速度が上下ともに1〜5Mbps程度まで極端に下がることが確認できました。

最低限は使用できる速度ですが、混雑する時間帯にWiFiが必要な仕事をしている人には少ししんどい状況と思われます。該当する場合には、ポケットWiFiなんて検討しないで、光回線などの固定回線を入れてしまいましょう。

スポンサー広告

ZEUS WiFiのおすすめポイント

おすすめポイント
  1. 独自端末なのでかっこいい
  2. 物理SIMスロットがあるため、自前の回線を利用できる
  3. クラウドSIMだから、どこでもWiFiがつながる

独自端末なのでかっこいい

ZEUS WiFiは、クラウドSIMにサービスにて一般的に使用されているU2sやU3ではなく、独自端末を使用しています。

ZEUS WiFiになぞらえて「Z」の刻印があったり、そもそもの端末デザインがかっこいいのが特徴です。

物理SIMスロットがあるため、自前の回線を利用できる

物理SIMスロットがあるため、自前の回線を利用することができます。

Rakuten UNLIMITのSIMを挿入したところ、なぜかSIMを認識しませんでした。

OCNモバイルONEのSIMでは認識したため、キャリアや回線によっては相性が分かれそうな様子です。

クラウドSIMだから、どこでもWiFiがつながる

ZEUS WiFiはクラウドSIMを採用しており、3キャリアすべての中で最適な電波を拾う仕様になっています。

そのため、スマホの電波が拾える場所であれば、どこでも使用できるポケットWiFiです。

使用した感じだと、SoftBankの電波を拾うことが多いような感じです。

ZEUS WiFiのいまいちポイント

いまいちポイント
  1. 混雑時に速度が出にくくなる
  2. 充電もちが気になる
  3. 途中でのプラン変更ができない

混雑時に速度が出にくくなる

ZEUS WiFiのみならず、クラウドSIMを採用しているポケットWiFiサービスに共通しているのが、混雑時の速度低下です。

詳しい検証はしていませんが、通勤時の電車の中など、人が極端に多い場所だと遅くなるような感じです。混雑する時間帯でも、人が多くないエリアで使用していれば、そこまで著名な速度低下を感じられない肌感です。

充電もちが気になる

ポケットWiFiのサービス全般に言えることですが、充電持ちに関して不安が残ります。

ZEUS WiFiも例外ではなく、充電持ちはスマホと同じ感覚でいるとすぐになくなります。

朝9時に出勤して、19時くらいに退勤したときには、通信の使用をしていない状態でもバッテリー容量がなくなっていました。

外で使用する場合、こまめに電源をオフにする必要がありますし、長時間の使用が予想される場合にはモバイルバッテリーを準備するなどの配慮が必要になります。

途中でのプラン変更ができない

ZEUS WiFiは100GBプランでの使用を個人的には推奨していますが、使い方よっては20GBや40GBのプランが適している場合もあります。

いったん契約してしまうと、途中で通信プランの変更ができません。

100GBを契約して余る分には問題ありませんが20GBのプランを契約したあとに、やっぱり100GBにしたくなった場合が最悪です。

この場合、解約してから改めて新規契約をする必要があるため、解約金や手数料が無駄にかかることになります。

自分の想定される使い方を把握したうえでプランを決めましょう。

わからない場合には100GBプランを選んでおけば間違いありません。

速度を求めない人にはZEUS WiFiはおすすめ!

ZEUS WiFiでいちばん気になるのは、やっぱり速度面。

スマホの通信料金を下げる名目での導入はおすすめではなく、あくまでPCの使用やテレワークでの利用に留めておくのがおすすめです。

また、AmazonプライムのプライムビデオやNetflixなどのVODを視聴する場合には、速度面が少し心もとない印象です。

光回線を引ける環境であればしっかり光回線を引いておきましょう。

ポケットWiFiはあくまで、外での使用がメインだったり、光回線が引けない環境にいる人の救済サービスって立ち位置で捉えてください。

とはいえ、ZEUS WiFi自体はバランスのとれた、良いWiFiサービスですので、使い方がマッチする人には強くおすすめします!

スポンサー広告
スガワラ

スガワラ

25歳会社員
旅と野球と写真について書いていたはずが、WiFiとガジェット中心のブログになってしまいました
YouTubeにて、もっと詳しく解説しています!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です